早漏の防止の方法としては早漏防止薬の服用が一番効果的ですがお薬を使わずに改善する方法もあるので、参考にしてみてください!

早漏の改善方法

良い雰囲気のカップル
早漏防止や改善の方法として、まず第一に上げられるのが早漏防止薬を服用する方法ですが、中には医薬品に対して抵抗がある人や、体質の問題で合わないなんていう人もいます。

しかし、そんな人でも少しの時間と少しの努力で早漏という名の悩みを解消する事ができるんです。

ここでは、薬を使わずに早漏を改善する方法を紹介していきます。
特殊な道具は使わずに出来るものばかりになるので、これを読んで早速実践してみて下さい。
喜ぶ女性


スクイーズ法
別名、スタート・ストップ法と呼ばれるものです。
やり方は至ってシンプル。
少し違う方法でマスターベーションするだけです。
いつものように手を使ってペニスをしごいて下さい。
射精すると思ったら亀頭の付け根を手でギュッと圧迫して射精を我慢して下さい。
大体、5セットを目安に行い、最後は我慢せずに射精します。
考え方によってはイキたいのにイケない状態が続くので地獄のようにも思えますが、慣れれば辛いこともなく射精までの持続時間は確実に伸びていきます。
目安を5セットとしていますが、はじめはこれより少ない回数から初めても問題ありません。
はじめから意気込んでハードにやってしまうと、精子が逆流してしまう危険もあるので無理のない範囲で行って下さい。
バナナを握る手


セマンズ法
これはより実践形式の方法だと考えて問題ありません。
女性に協力してもらう型で行います。
現在、パートナーがいない人は風俗店などで女の子に手伝ってもらうのもアリ。
ですがその分の費用はかかるはずです・・・。
口や膣を使って刺激を加えて、射精しそうになったら我慢。
手で行うセマンズ法が、口や膣に変わっただけです。
この方法を繰り返すことで、快感に流されることなく射精するのを我慢する癖を付けることが出来るようになります。
セマンズ法を試す男女カップル


PC筋を鍛える
PC筋は別名「骨盤底筋」と呼ばれる筋肉です。
決してパソコンの筋肉という意味ではありません。
おしっこを我慢したりする時に機能している筋肉です。
つまりこの筋肉を鍛えれば、射精しそうになっても筋肉の力で我慢することが可能になります。

しかも、時と場所を選ばない点でも優れたトレーニング方法になります。
まず、肛門に力を入れてください。
これを5秒間続けてください。

次に、肛門にいれた力を抜きリラックスしてください。
これも同じように5秒間。
力を入れる→弛めるを繰り返すだけです。
10回を1セットとして、1日に10セット行うと効果的です。

これなら通勤の電車の中や仕事中でも行うことができます。
またPC筋を鍛えれば、セマンズ法などで我慢する時にも役立つので一石二鳥です。

3つの方法は費用がまったくかからず、誰でも簡単に行うことが出来るので、早漏に悩む男性は今すぐ実践してみて下さい。
男性器の仕組み

  • ポゼットの購入はこちら
  • リドカインの購入はこちら