早漏とEDは深い関係があり約600万人の男性が早漏とEDを併発しています。早めに早漏の改善して合併を防止しましょう!

早漏とEDの関係

耳を澄ます男性
男性特有の病気であるEDと早漏が合併してしまう事は、決して少なくありません。
EDとなっている男性の約1/3が早漏を合併している言われ、人数として考えるとかなり多くいるものとされています。

国内推計でED患者数は約1800万人にも上るというデータもあり、それを考えるとあくまでも推計ですが約600万人近くの人がEDと早漏が合併している計算となります。

早漏は長らく、ペニスの皮膚や亀頭の粘膜などが感覚が敏感となる事が原因とされてきましたが、現在では精神的・肉体的な過労やストレス、不安などの心因的な要因が原因ともなる事があります。

EDと同様に早漏もこころの問題によって起こる病気と考えることが出来ます。
つまり、この2種類の生理病はこころが招く病気であり、合併させてしまうという関係性があると言えます。
男性マークのプラカードを持つ女性
EDを発症している人の多くは、勃起できる時間が短く、またそれを維持するには強い刺激を必要としていることが多いです。

強い刺激を求める余りに、それが射精時間を短くしてしまうことにつながり、他にも「萎えたら射精できないかも」と焦りを生み、セックスを急いでしまうことが結果的に早漏を合併させてしまいます。

1つの可能性として「ED治療薬」によって、2つの症状が改善される可能性があります。

ED治療薬は勃起させることやそれを維持することを容易にしてくれる薬になるので、焦りや不安などもなく気持ちをリラックスさせることが出来ます。

精神的に落ち着いて状態となる事で、心因的な要因を払拭することができ改善へと導かれることもあります。

ED治療薬自体に早漏を改善する効果というのは謳われていませんが、実際にED治療薬によって合併している早漏が改善されたとの報告も多いです。

ムンクの叫びのポーズをする男性
2つの合併は40代に特に多いとされ、EDは年代別に見ると40代に多いこともありそれに伴って早漏を合併するケースが多いと考えられています。

EDと早漏を同時に治療できるお薬はこちら


他の疾患を招くことはありませんが、合併した状態続いてしまう事は決して良い状態ではなく精神的な負担も2倍になると考えるべきです。

負担を重ねれば重ねるほど症状は悪化していくので、考え過ぎも禁物です。
「また勃起しなかったらどうしよう」「イクのが早かったら相手に嫌われてしまうのではないか?」など考えてしまうと悪循環に陥ります。

こうした不安や悩みというのは決して好転へと導いてくれる絶対と言って良いほどないので、考え過ぎずに治療に専念することが、改善への近道と言えるかも知れません。


  • ポゼットの購入はこちら
  • リドカインの購入はこちら